黒酢で運動しやすくなる

MENU

運動能力を高めるためのアミノ酸

 

黒酢の代表的な成分であるアミノ酸ですが、実は運動に対していい働きをしてくれます。人間の筋肉のうち、約3割がBCAAといわれるアミノ酸です。バリン・ロイシン・イソロイシンという3つを合わせてBCAAと呼んでいます。このBCAAは黒酢に含まれています。

黒酢で運動しやすくなる

筋肉の材料となって働くほかにも、たんぱく質が合成しやすいように働きかけて筋肉を作る、テストステロンの濃度を低下させて、筋力を高める作用を維持する、というように運動パフォーマンスを上げるためには欠かせない働きをしてくれます。

 

疲れがたまりにくい?

 

運動をして疲れるのは誰もが同じですが、筋肉の疲労が原因です。筋肉は疲れたと感じると乳酸を発生させます、乳酸は体が疲れたと感じるきっかけとなる成分なのですが、黒酢は乳酸の発生を抑えたり、エネルギーに変えるという効果が期待できるでしょう。

 

普段の生活も運動になる

 

クエン酸サイクルと呼ばれている、細胞を活性化させて代謝を高めるというサイクルが体内では発生するのですが、クエン酸サイクルが早まれば、その分ちょっとしたことでエネルギーが燃えやすくなります。普段の家事でも、通勤の時に歩くだけでも、立派な運動です。ちょっとの運動で体がしっかりと動いてくれるため、激しい運動もする必要がなくなりますね。

 

運動パフォーマンスがあがれば、運動は楽しくなる

 

運動って、得意な人は抵抗なく取り組めるでしょうが、あまり得意ではない人にとっては苦痛でしかないですよね。どうせ自分は運動を始めてもうまくできないし…と途中で投げ出したくなります。でも、自分の運動パフォーマンスが上がればどうでしょうか?疲れにくくなったり、今までよりも長く運動ができるようになると、自然と体を動かすことそのものが好きになるはずです。

 

その手助けをしてくれるのが、黒酢ですよね。運動しやすい体に変えていってくれるので、自ら進んで運動に取り組めるようになるでしょう。その結果、適度に体を動かしていることで筋力低下も防げて、免疫力も上がるので健康的に過ごせるでしょう。