黒酢で高血圧対をしよう

MENU

高血圧が怖い理由

 

高血圧は、どうして怖いのは知っていますか?血圧というのは、血管にかかっている圧力のことです。心臓がポンプとなり、全身には血液が押し出されてめぐります。その時に必要以上のパワーがかかっていると、高血圧という状態になります。

 

長くその状態が続くと、血管に負担が大きくかかります。次第に血管のしなやかさや柔軟性は失われ、酷使されたことで堅くなっていくと動脈硬化につながってしまうでしょう。命にかかわる病気も発症しやすくなる動脈硬化は、少しでも早く対策が必要です。

 

酢酸で血圧を下げる?

 

黒酢の成分で、酢酸が血圧を下げると期待されています。高血圧の人が黒酢を10週間飲み続け、血圧の低下がみられたという報告もあり、期待できますね。実際に血圧が高めのかたに…という特定保健用食品の表示許可を受けている飲料に、酢酸が含まれているものもあります。

 

アデノシンという成分により、血管が広くなり血液が流れやすくなります。その結果、過度な負担をかけなくても血液がめぐるようになるため、血圧が低下してくれるでしょう。

 

血圧を下げる効果が期待できるとはっきり結果が出ているので、血圧が高めで悩んでいる人にはおすすめです。

 

血圧を下げるために継続すること

 

血圧は一時的に下げるだけでは意味がありません。血圧を常に一定に保つのは普通の人でも難しいですが、普段の血圧が高血圧になっていない状態を維持しましょう。そのためには、黒酢も継続が大事です。黒酢だけで血圧を下げるというよりは、黒酢によって血液の流れを良くして、血管にかかる負担を減らすというような役割が主です。

 

ただし、飲みすぎで胃腸に刺激を与えすぎるないようにしましょう。酢の刺激が強すぎる場合は、サプリメントなど摂取しやすい方法を探して継続したいですね。

 

高血圧は多くの人が悩んでいる症状ですし、自覚症状もほとんどありません。だからこそ、大きな病気を引き起こす原因は少しでも早く対処しておきたいですね。